覚める訳がない。(笑)


仕事の退職ないしは配転の話が妙な方向に流れました。
どうも済崩し的に有耶無耶にしようという意図も感じられるのですが多少の配慮があった為に一先ずは受け入れる方向となりました。
但し時間が解決する等という類のものではありませんがお世話になって来た手前その辺り心情的には無下に断れないということもあります。
まぁ有難いと感じるのも事実ではありますがどんだけ人材不足なんだろうとも思います。(笑)



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

KAkashi