【最終話】レビュー


最初はキャストに魅かれて視たいなと思ったのですがまさかの(笑)地上波無しで顎が外れました。(爆)
何とか有料配信で視る羽目になりましたがそれでもお金を出して視る価値は有ったと思います。



以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

猫神やおよろず

第12話 「奇縁宿縁コンテンション」

2011年10月07日(金) バンダイチャンネル 12:00有料配信

脚本 待田堂子
絵コンテ 森脇真琴
演出 赤城博昭
作画監督 新野量太 石丸賢一
総作画監督 saxyun

★★★★★


前回の続きです。
実家に戻った繭(戸松遥)はツクヨミ(置鮎龍太郎)との見合いを前に神力を取り上げられ軟禁状態です。
笹鳴(茅野愛衣)・メイ子(竹達彩奈)・ゴン太(三瓶由布子)は繭を救い出す為屋敷に乗り込みますが母の灯媛(新井里美)に依って追い払われてしまいます。
それでも三人は諦めずお見合いの場へと向かいます。

最後は何となく含みを持たせつつも綺麗に終わりました。
OPテーマで始まり締めもOPテーマでちょっとグッと来ました。
実際原作は続いていますし一先ずめでたしめでたしですね。(笑)
結果的に仲間達に助けられた繭ですが本人に自覚は無いようですが夫々に影響を与えて居て存在感も人望も大きかったのは確かです。
柚子(堀江由衣)のツンデレ発言を引き出す程の(笑)ぐうたら神様ですが芯ははしっかりした神様なんでしょう。
まぁ常にそうではなかったから天界を追放されたのですが。(爆)
ほんわかとした雰囲気やゴン太の咬ませっ振りが楽しかったですし社長と社員の件とかもお約束的な感じで面白かったです。

スタッフ
原作 FLIPFLOPs チャンピオンREDいちご(秋田書店)連載
監督 桜井弘明
キャラクターデザイン・総作画監督 渡辺敦子
シリーズ構成・脚本 待田堂子
脚本 金春智子 盒粁玉蕁_C昌宏
アニメーション制作 AIC PLUS+

キャスト
繭 戸松遥
古宮柚子 堀江由衣
正倉院笹鳴 茅野愛衣
メイ子 竹達彩奈
芳野 MAKO
ゴン太 三瓶由布子
しゃも 豊崎愛生
枕木夕楽々 高垣彩陽
クロエ 徳永愛
白崎蓮美 下田麻美
遥 南條愛乃
賀茂雪那 水橋かおり
鎮葉御前 田中涼子
天音 伊藤かな恵
天照大神 田中理恵
ツクヨミ 置鮎龍太郎
灯媛 新井里美
玄 内藤玲
スーパーの店員 小西克幸
テオナナ・カトル 金元寿子

OPテーマ 「神サマといっしょ」 繭(CV:戸松遥)&柚子(CV:堀江由衣)
EDテーマ 「Oh My God ♥」 戸松遥


お疲れ様☆ありがとう



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

Love to Akkyo ☆
Love to Mai.K ☆
KAkashi
【参加中】↓宜しければワンクリックのご協力をお願い致します。↓
にほんブログ村 女性ミュージシャンにほんブログ村 深夜アニメへ
ご購読ありがとうございました。